コラム

【3万の靴は安い?】靴の値段に対する感覚が狂ってきている話

こんにちは、たいむです。

先日こんなツイートをしました。

今回は、靴の値段に対する考えが少し麻痺してきている点について話していきたいと思います。

 

皆さんは、3万円の靴と聞いて「高い」と思うでしょうか、「安い」と思うでしょうか。

大体の人は「高い」と答えると思います。

そりゃそうです、3万ですから。

大学生の1ヶ月のバイト代といっても過言ではありません。

 

私は「安い」と思ってしまいます。

別に他の方と比べて高給取りでもないですし、

スネ夫のような大金持ちがいるわけでもありません。

ごく普通の一般人です。

むしろ物欲が他の人より強めな分、手持ち金は少ないかもしれません。

そんな奴が靴に3万を安いだなんて、客観的にみたら狂っていると言われても仕方ありません。

 

ですがtwitter上を見ると、あながちこの価値観は狂ってないように思えます。

靴が3万というと、

「安い」「リーズナブル」

このような言葉が戦国時代の矢のように飛び交います。

 

今回はこの辺りについて、もう少し深ぼってお話ししていこうと思います。

【2万円台】見逃し厳禁!ビジネスでおすすめの革靴ブランド3つこんにちは。たいむです。 今回は、2万円台で、ビジネスシーンで履きたい革靴ブランド3つについて紹介していきます。 今...

3万円の靴は決して安くはない

 

3万円の靴は、決して「安い」買い物ではありません。

じゃあ私らの感覚がおかしいんでござる、すみませんでした〜

なんて話で終わってしまうといけないので、

なぜ安いと感じるようになってしまったのか、考えてみます。

グッドイヤーウェルト製法の靴は本当にコスパが良いと言えるのか?こんにちは。たいむです。 先日こんなツイートをしました。 グッドイヤーウェルト製法で作られているから長く使えてコスパ...

別に収入は上がってません(泣)

 

ちなみに収入がめちゃ上がったわけでもありません。

(もちろん毎年すこーーーーしずつ上がってはいますが)

 

収入が上がったから3万なんて安いわ!

なんて言ってみたいものですが、現実はそう甘くはありません。

 

まあ収入が上がっても生活水準をなるべくあげないようには心がけてはいます。

実際に何倍にもなったらわかりませんが。

人の気持ちは変わるものですから。。

高級靴のラインが3万円〜という風潮

 

3万円という金額は、高級靴かどうかのラインとして用いられることが多いです。

これについては色々な意見があると思いますが、私は良い考えだと思います。

どこかしらで数字ではっきりさせておいた方が、考えやすいですしわかりやすいです。

 

また、色々な靴を見ている中で、やはり3万円を切る靴とそれ以上の靴では違いを感じます。

革質しかり製法しかり。

 

もちろん例外はありますが、一つの目安としてはかなり良い考え方です。

 

私を含め靴が好きな人は、好きが故に良い靴を追い求めます。

良い靴は高級靴に分類されることが多くなるため、おのずと話題にあがる靴の値段も上がってきます。

高級靴について話すことがスタンダードになると、3万円というのは底値になります。

つまり彼らの中で、3万円という値段はもっとも安い値段であるといっても過言ではありません。

 

ここに、金銭感覚の狂いのもとがあります。

【2万円台】見逃し厳禁!ビジネスでおすすめの革靴ブランド3つこんにちは。たいむです。 今回は、2万円台で、ビジネスシーンで履きたい革靴ブランド3つについて紹介していきます。 今...

慣れから「安い」と感じてしまう

 

慣れというものは怖いものです。

昔は3万円の靴なんてとてもじゃないけど考えられませんでした。

古着屋で3,000円のスニーカーを買うのが精一杯。

 

革靴にどハマりし、革靴界隈の方々と接するうちに、

高級靴を履いたり買ったり話したりすることが普通となってきました。

その中で、もちろん金銭に対する感覚も変わってきました。

 

先ほども言ったとおり、3万円というのが最低ラインのような感覚になってきているのです。

スコッチグレインジャランスリワヤなどが入門靴と言われているように。

この2つのブランドだって、安いと言われてますけど普通に3万円超えますからね。

たっかい買いものです。

 

最近だと、10万円の靴を見ても高いと感じなくなりました。

オールデンとかJ.M.ウエストンとかね。

だってtwitterひらけば毎日誰かしらが履いてるんですから。

日常化しますよね、イヤでも。

 

もちろんきついですよ、実際に買うとなれば。

ただ昔は「靴に10万!?ヒートテック何枚分!?」だったのが

今は「10万か、ほーん」

て感じです。

 

慣れとは恐ろしいですね。

自分の中では買い物レベルが上がったと考えるようにしています。

5万円以下で探す!カジュアルに履ける革靴ブランド6選【前半3つ】こんにちは、たいむです。 先日こんなツイートをしました。 【ご教授を】 5万円以下で、カジュアルに履ける革靴ブランドのおす...
5万円以下で探す!カジュアルに履ける革靴ブランド6選【後半3つ】こんにちは、たいむです。 先日こんなツイートをしました。 【ご教授を】 5万円以下で、カジュアルに履ける革靴ブランドのおす...

収入は上がってません(2回目)

 

なんども言いますが、収入は上がったわけではございません。

これは私の内側の話だけです。

 

お金ほしいなあ。。。

好きなものは、お金うんぬんじゃない

 

何に対してもそうだとは思うんですが、

結局好きなものに対してはお金って惜しまないですよね。

 

ゲームが好きな人なら、最新のゲーム機やソフトに何万、何十万もかけるだろうし、

旅行が好きな人も、年に何回かいく海外旅行にたくさんのお金を使うでしょう。

私はそれがだっただけです。

 

私はゲームにあまり興味がないので、ゲーム機に何万も払うのは考えられないのですが、

靴に興味ない人からしてみれば、10万も払って靴を買うなんて愚の骨頂です。

だったら保存用と観賞用のゲームソフトを買った方がマシです(多分)。

 

個人の価値観の話なので、正解はないです。

わたしも昔と価値観が変わってきたので、3万の靴を安いと思うようになりました。

 

何が言いたいかっていうと、

これにはお金を惜しまずにいきたい!

と思えるような熱中できる何かを見つけられたら、それだけで人生勝ちです。

おそらく、そういうものを見つけられてない人のが多いんじゃないかな。

 

そういうものって、待ってれば自然と降ってくるものじゃなくて、

自分でいろいろ経験してみないとわかりません。

たくさん試してみて、その中で「お?」と思えるものがなにかしらきっとあります。

それが好きなもの、やりたいことに変わっていくんです。

これはマジ。

 

2020年5月現在、コロナで世界中が大変な時期ですが、

逆にこんな時期だからこそ、今まで自分ができなかったことに挑戦してみましょう。

きっと、新たな世界が待っているはずです。

それが革靴だったらなおよし

 

なんか変な感じのまとめになってしまいましたが、とりあえず今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です