コラム

【デニム】ボタンフライ派?ジッパーフライ派?両意見をまとめてみた

こんにちは、タイムです。

今回はみんな大好きデニムについてのお話しです。よっ!(拍手)

ご存知のとおりワタシはデニムが大好きで、自宅での作業中でも部屋着ではなくデニムを履いて作業をするほどハマっているわけなのですが、最近ふとこう思いました。

「みなさんって、ボタンフライとジッパーフライどっちが好きなんだろう?」と。

そこでTwitterの投票機能を使い、フォロワーさんご協力のもと、両方の意見をいただくことができました。

Twitterバンザイ!そしてフォロワーさんの優しさバンザイ!

(本当にいつもありがとうございます泣)

というわけで今回は、ボタンフライ派とジッパーフライ派それぞれの意見をまとめていこうと思います。

かなりニッチなテーマですが、興味ある方はぜひご覧ください。

ちなみにワタシは生粋のボタンフライ派です。

それでは早速いきましょう。

投票結果

投票結果はご覧のとおりです。

ボタンフライ派:50.6%(126人)

ジッパーフライ派:32.9%(82人)

どっちでも良い:16.5%(41人)

ボタンフライ派が50.6%で最多投票という結果になりました。

とはいえジッパーフライ派も32.9%と決して低い数字ではなく、もし選択肢が2つしかなかった場合はもう少し拮抗した結果になったのではないかと予想します。

ではそれぞれ、どのような理由で投票したのかをみていきましょう。

ボタンフライ派の意見

 

まずはボタンフライ派の意見です。

投票率が多かったのでその分意見もたくさんありますが、個人的に気になった意見を取り上げてみました。

箇条書きで丁寧に理由を教えていただきました。感謝です。

色落ち・丈夫さ・着脱の面でボタンフライを推してらっしゃいます。

これは個人的にはかなり同意です。

特に丈夫さについては、ジッパーフライに比べると段違いのようですね。

デニムは長く履いてこそカッコよくなりますから、色落ちも合わせて丈夫さという面も非常に大事にしたいところです。

 


こちらの方も、丈夫さを理由にされてますね。

「本格的なデニムはボタンフライ」という言葉はめっちゃ共感できます。

あくまでイメージなんですけどね、ジーンズの始まりはボタンフライだったのでどうしてもそのように考えてしまいます。

 

どちらもトイレ関連(?)だったのでまとめました。

「社会の窓が開いている」なんて言葉がありますが、それはジッパーフライの場合に起きる話。

ボタンフライで閉め忘れるってあんまりないですよね。

たしかになと思いました。

また毛がはさまることもないので、その点も安心です。

(想像すると・・ウッ)

ジッパーフライ派の意見

 

続いてジッパーフライ派の意見をみていきましょう。

やはり着脱の機能性に重きを置いている印象でした。

シンプルですが、まさにこれでしょうね。

ジッパーフライの1番のメリットはやはり脱ぎ履きのしやすさだと思います。

ぶっちゃけワタシも少し前まではジッパーフライ派でした。

というか、ボタンフライなんていちいちめんどくさくて選択肢にも入ってませんでした

 

こちらの方は楽さに加え、デザインについても言及されています。

なんと今はジッパーの先をあえて見せるデザインのものがあるようです。

ワタシは知らなかったのですが、そんなデザインのものが出てきているんですね。

みなさん知ってましたか?

ボタンフライはロマン、ジッパーフライは機能性

 

みなさんの意見を参考に、かなり雑にワタシの意見をまとめると、

ボタンフライはロマン、ジッパーフライは機能性、という結論に達しました。

ワタシは色落ちなどの経年変化とか、服の歴史とかに魅力を感じるタチなので、

同じような方はボタンフライを選びやすいと思いました。

 

それとは別に、「パンツはパンツ、機能性が一番だ」と割り切る方はジッパーフライを推しやすいのかなと。

ワタシも以前こっち側でしたから、めちゃ気持ちわかります。

 

まあ優劣があるわけではないので、好きな方を履きましょう。

参考になれば嬉しいです。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。