ボトムス

【1万円以下】最初はこれを買っておけ!服好きおすすめの軍パン4つ

こんにちは、タイムです。

今回は軍パンについてお話しいたします。

軍パンというのはその名のとおり、実際に軍隊で使用されていたパンツのことを指すんですが、そのようなアイテムを見るたびになんといいますか、男心をくすぐられるというのはまさにこのことだな、と思います。

実際に使われていただけあって、素材はタフで機能性もある。

たまらないですよね、最高です。軍モノ大好き。

というわけで今回はそんな軍モノを愛するワタシがおすすめする至極の軍パン4つ紹介します。

どれも1万円以下で購入できますし、私が現在愛用している間違いないアイテムです。

カーゴパンツを探しているという方はぜひ参考にしてみてください。

それでは早速いきましょう。

【フランス軍】M-64パンツ

 

まずはこちら、フランス軍のM64パンツ

これはむちゃくちゃオススメです。

フランス軍で有名なのはM47ですが、こちらはその後継モデル。

コットンサテン300という生地を使用しており、光沢感がある上品な雰囲気ながら、カーゴパンツならではのガッシリとした素材感がたまりません。

デッドストックで購入し履きこんでいる最中ですが、これからどんどんアタリとか出てきて、生地もやわらかくなじんでくるでしょう。

これが最高ですね。ヨダレが出ます。

 

 

そしてシルエットは腰回りにゆとりがあり、裾に向かって細くなるというテーパードシルエット。

前身モデルのM47に比べるとかなりスッキリしており、カーゴポケットもそこまで目立たないように設計されています。

ロールアップをするとさらにスマートになるので、個人的にはロールアップした方が好みです。

かなり使いやすいですね。

【購入時の参考に】フランス軍M64パンツのサイズ感を徹底解説!こんにちは、タイムです。 最近かなりの勢いでファッション界をにぎわせている軍パン。 例に漏れず、私もハマっております。 ...

 

 

色味は暗めで、シルエットはスマートとはいえ無骨さはある(それが良いのですが)ため、白シャツなどのクリーンなアイテムと合わせたりすると良さそうです。

春はこれでイケそう。

フランス軍は戦闘中にこんなナイスなパンツを履いていたんですね・・・すごい。

そしてなんと、こちら2021年現在8,000円〜で買えるという破格なのですが、今後は確実に高騰してくるでしょうね。

もし興味があれば今のうちにゲットしておくことをオススメします。

 

【イギリス軍】ファティーグパンツ

 

2つ目はこちら、イギリス軍ライトウェイトファティーグパンツです。

長いのでファティーグパンツにします。

これは店頭で試着をし、あまりのかっこよさと履き心地の良さに感動し衝動買いをした思い出の一本。

ワタシを軍モノの沼に引きずりこんだ張本人でもあります。

 

 

素材はコットン×ポリエステルの混合素材。

これがめちゃくちゃ柔らかくて、履いていて気持ちいいんです。

軍パンを履いて気持ちいいと思う日が来るとは思いませんでした。

そう、このパンツを履くまではね。

またライトウェイトと呼ばれるだけあって、生地は薄めです。

なので気温が高めの時でもさらっと履ける。

春夏とかに大活躍してくれる一本ですね。

 

 

シルエットはM64よりも気持ち緩めなテーパードシルエット

スラックスのような綺麗な雰囲気があります。

この辺はさすがイギリス軍ですね。

シャツを合わせてもいいし、ニットでも良いしスウェットでもいい。

とにかく万能なこのパンツ、ワードローブに1着は欲しいですね。

カーゴパンツですがスマートに履きたいという方はかなりオススメです。

気になる値段は、デッドストックで8,000円〜10,000円ほど。

正直セレオリのパンツを買うのであれば間違いなくこちらの方が質も見た目も上。

まだ買いやすい今のうちに買っておくべし。

【イギリス軍】ロイヤルネイビーカーゴパンツ

 

3つ目はこちら、ロイヤルネイビーのカーゴパンツです。

ロイヤルネイビーというのはイギリス海軍のことで、このパンツも実際に潜水艦内や空母にて使用されていました。

前期型・後期型がありこちらは珍しい後期型

斜めのポケットが特徴です。(前期は真っ直ぐ)

せまい作業環境においても物を取り出しやすいように考えられた設計なのですが、このような背景がミリタリー好きにとってはたまりません。

 

 

ネイビーのカーゴパンツって意外とないんですが、こうして履いてみるとオリーブに比べて落ち着いてシックな雰囲気ですね。

白シャツに合わせてますが、上下ネイビーで合わせても統一感があって良さそうです。

USEDのものを購入したので、作業着感が少し有ますが個人的にはそこも好きなポイント。

生地は先程のファティーグパンツと同様に薄めで柔らかいので、春夏にガシガシ履けます。

 

 

少しオーバーサイズで履いてますが、非常に綺麗なシルエット。

ゆるーーいテーパードですね。ほぼストレートシルエットです。

どちらかというと太めですがオーソドックスな形なので、使いやすい。

値段はだんだん上がってきていますが、探せばまだ10,000円以下で買えます。

(USEDであれば5,000円切ります。)

いい意味でカーゴっぽくないカーゴパンツなので、他の人と被りたくないという方には真っ先にオススメしたいパンツです。

【イギリス軍】NO.2ドレスパンツ

 

最後はこちら、イギリス軍NO.2ドレスパンツ(別名バラックパンツ)です。

これは今まで紹介したモノとは違い、スラックスになります。

式典などで履いていたパンツですね。

古着のスラックスは星の数ほどありますが、軍モノのスラックスってなかなかないですよね。

これが激アツなんです。

【購入時の参考に】イギリス軍No.2ドレスパンツのサイズ感を解説こんにちは、タイムです。 ミリタリーアイテムって、良いですよね。 機能性、ガシガシと使える丈夫な素材、泥臭い色味。 ほ...

 

 

履いてみるとこんな感じ。

太めのストンと落ちる綺麗なストレートシルエット

スラックスはこのくらい潔い方が好きです。

(裾はダブル仕上げにお直しをしてあります。)

写真ではわかりづらいですが、色は少し緑が入ったようなオリーブブラウン。

この色も探すとなかなか無いんです。

 

 

ウール×ポリエステルの混合素材(モノによってはウール100%)なので、シーズン問わず履けるのもポイント。

洗濯もガシガシやってますが、問題なしです。

カーゴだけだとどうしてもマンネリ化しますが、そこにちょうど良いスパイスとしてこのドレスパンツ。

値段もいまだと5,000円くらいで買えます。デッドストックでね。

90’s〜00’sの比較的新しめのアイテムなのでそこまで高騰していないのもありますが、気づいたら手遅れになる可能性も十分あります。

ミリタリーテイストのスラックスを探している方は、確実にチェックすべきですね。

 

軍パン買うなら早めがオススメ

というわけで今回はおすすめの軍パンを4つ紹介しました。

どれも激アツなパンツばかりです。

実際にワタシも愛用しているものばかりですからね。

軍パンは新しく製造されることはないので、年々価値が上がっていきます。

去年は10,000円もしなかったのに、今年は30,000円!?なんてこともザラにあります。

もし興味のある方は早めに買うことを心からオススメします。

 

TwitterInstagramでも服や靴に関する情報発信をしておりますので、そちらもぜひフォローをお願いします。

YouTubeもやっておりますので、チャンネル登録お願いします!

 

それでは今日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。