コラム

【実体験】毎月の固定費を55000円下げるためにやったこと5つ

お久しぶりです、タイムです。

今回は、固定費を下げるためにやったことを5つ紹介します。

私は服が大好きでして、その分出費がかさんでしまいます。

服を買ったが故に、修行僧のような生活を送ったこともあります。

もちろんそんなことを気にしないほど収入があればいいのですが、私は凡人です。

そんな時に考えたのが、固定費を削減できれば大きいんじゃね?ということです。

毎月の服代は正直ばらつきがありますし、その場の運命の出会いもありますから、これはもうどうしようもありません。

ですが固定費であればなんとかなりそうですし、なにより効果が高いと思いました。

結果、毎月55,000円もの固定費を削減することができました。

今回は、固定費を下げるために色々試してみて、効果が高かったものを5つ紹介したいと思います。

毎月の出費に余裕がない方は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速いきましょう。

固定費を下げるためにやったこと5つ

結論から言うと、固定費を下げるためにしたことは以下の5つです。

①家賃が安いところに引っ越した

②Wi-Fi無料の家を選んだ

③プロパンガスから都市ガスへ変更した

④格安SIMに乗り換えた

⑤生命保険を解約した

ちなみに①〜③は全て引越しによるものです。笑

順番に解説していきます。

1、家賃が安いところに引越した(ー25,000円)

 

まずはこれですね。おそらく一番家計を圧迫しているであろう家賃です。

ここを下げないことには始まらないなと思い、生活の水準は保ちながら、より家賃の安いところを探しました。

とは言っても毎日血まなこになってサイトを探し回ったわけではなく、

Twitterを開くような感じでSUUMOなどの不動産アプリを眺めていただけです。

期間は2ヶ月くらいだったかな。

そうすると、ある日突然条件がほぼ合致した物件が更新されたので、速攻で内見をし、契約。

結果、25,000円も家賃を下げることに成功しました。

家賃は下がりましたが部屋のクオリティはむしろ上がり、周辺環境はむしろ最高の条件。

(激安スーパー2つ、ホームセンター、コンビニ等)

探してみるもんだな、と思いましたね。

 

「この日までに絶対引っ越す!」と決めるのではなく、

「なんかいい物件あったらいいな〜」くらいの」軽い気持ちで探すのがコツです。

あと、不動産屋で提示された物件ではなく、あくまで自分で見つけた物件以外は内見しないこと。

2、Wi-Fi無料の家を選んだ(ー4,000円)

 

2つ目は、Wi-Fi代です。

これは1つ目の家賃とほぼ同じ感じもしますが、一応わけてみました。

これは狙ったわけではないのですが、良いなと思った物件がたまたまWi-Fi無料のところだったのでラッキーでした。

というのもこれで月4,000円の削減になるので、なかなか馬鹿にできない金額かと。

年にすると48,000円の節約です。これはかなり大きい。

レッドウィングのブーツが買えてしまいます。

 

もともとブロードワイマックスというポケットWi-Fiを契約しており、その月額料金がなくなった感じですね。

物件によって差はあるとは思いますが、通信速度も安定したので一石二鳥。

外で作業できなくなるなと思ったんですが、スマホのテザリング機能を使えば解決するので問題なし。

 

少しでも固定費を下げたい方は、物件選びの際はにWi-Fi無料を条件に入れることをおすすめします。

3、プロパンガスから都市ガスへ変更した(ー5,000円)

 

3つ目はプロパンガスから都市ガスへ変更したことです。

これで、月5,000円の削減になりました。

ただこれも物件選びの一環で、都市ガスの物件を探して契約したということです。

プロパンガスの物件に住んで、大家さんに交渉して都市ガスに変えることはできないですからね。(多分)

とはいえ現状、都内でプロパンガスの賃貸物件はほとんどないらしいので、逆に見つける方が難しいかもしれません。

自分はたまたま住んでいたところがプロパンガスだったんですよね。

今時結構珍しかったのかも。(新築だったんですが)

 

プロパンガスは都市ガスと違って会社で料金を自由に設定できるので、悪質な業者だとかなり割高になってしまうんですよね。

悪質とまではいかないけれど、それでも都市ガスに比べたらかなり割高であることがわかったので、次に引っ越すときは絶対都市ガスにしたろ!と考えていました。

実際に都市ガスの物件に住んでみたら、ガス代が5,000円も安くなってめちゃ驚いています。

月毎の差はあるとはいえ、年間約60,000円の節約に。

生活の質は全く変わらないのにここまで固定費に差がでるので、プロパンガスか都市ガスか、は慎重に検討すべきと考えます。

もちろん私のオススメは都市ガスです。

4、格安SIMへ乗り換えた(ー9,000円)

 

4つ目は格安SIMに乗り換えたことです。

具体的にはソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えました。

1年間通信量無料キャンペーン期間に乗り換えたので、単純に毎月の通信量が消滅しました。

その額なんと月9,000円年間でおよそ110,000円・・・(恐怖)

今はもう少し安いみたいですが、当時はまだそこまで価格競争が過熱していたわけではなく、

3大キャリアの通信費はかなり高いものでした。

当時はそれが普通と思っていたんですけどね。

なんとか固定費を下げるために必死だったので、すぐに乗り換えました。

結果、地下での通信はすこーーし繋がりにくいかな?ということはありますが、

それ以外はなんの支障もなく使えております。

こんな簡単に通信費を下げられるのなら、やらない手はないなと思いました。

 

だって乗り換えるだけで年間110,000円浮くんですよ、ウエストンのローファー買えますからね。

ネットを見る限り、格安SIMへの変更はかなり進んできているようですが、

私の周りには変えてる人がほとんどいないんですよね、不思議です。

もしまだ月に5,000円以上通信費をかけている人がいたら、今すぐ格安SIMに変えたほうがいいです。

おすすめは楽天モバイルです。(実際に使っているので)

5、生命保険を解約した(ー12,000円)

 

最後5つ目は、生命保険を解約したことです。

これで月に12,000円の節約になりました。

 

社会人1年目か2年目の時ですかね・・・・職場に生命保険の営業の子がやってきて、

話をさせてくれないかとアポの約束をしたんです。

そこから細かいやりとりは覚えてないのですが、「生命保険は入らなくてはならない」という固定観念がなぜか頭の中にあり、保証内容もよくわからないまま契約をしました。

その金額が月12,000円。今考えると恐ろしいです。無知は罪。

結局一度も恩恵を受けることなく、解約しました。

そもそも保証内容もよくわからないまま契約していたので、特に問題なし(?)

 

将来子どもができたら掛け捨ての生命保険くらいは入ろうかなと思いますが、

それまでは特に入らなくても良いかなと。

むしろいままで生命保険に払っていた部分を投資に回したり、好きなものに回したりする方がよっぽど有効と判断しました。

 

内容もよくわからず生命保険に入っている人は、一度見直してみることをおすすめします。

(無理に解約する必要はないですが)

固定費を減らし好きなことに使おう

今回私が固定費を55,000円減らすためにしたことは、以下の5つ。

 

①家賃が安いところに引っ越した

②Wi-Fi無料の家を選んだ

③プロパンガスから都市ガスへ変更した

④格安SIMに乗り換えた

⑤生命保険を解約した

 

固定費は下がりましたが、特に生活の質は落ちていません。

むしろ上がっているくらいです。

固定費の見直しって正直めんどくさいですが、一度やってしまえばあとは勝手に節約してくれるので、やる価値はあります。

私のように湯水のように服や靴にお金を使ってしまう人は、特にこのような見直しは必要だと思います。

 

浮いたお金を貯金に回すもよし、旅行の資金にするもよし、憧れの革靴を買うもよしです。

自分の好きなことにお金を使い、人生をより豊かなものにしていきましょう。